僧月性とは

月性年譜 ※年号は旧暦で表記しています。

1817年(文化14)0歳 周防国大島郡遠崎村妙円寺にて誕生
1829年(文政12)13歳 西本願寺で得度する(出家して僧になる)
1831年(天保2)15歳 九州豊前市の恒遠醒窓の漢学塾「蔵春園」の梨花寮に入る
1836年(天保7)20歳 広島の坂井虎山の百千堂に入塾。佐賀善定寺の不及の精居寮に入る
1838年(天保8)22歳 長崎の鬼界島(硫黄島)でオランダ船を見る
1842年(天保13)26歳 蔵春園で恒遠醒窓の代講をする
1843年(天保14)27歳 『将東遊題壁』(男児立志)の作詩。篠崎小竹の梅花塾に入門し、塾頭になる
1844年(弘化元)28歳 叔父龍護と上京し、本願寺派の勤王僧超然と出会う
1848年(嘉永元)32歳 清狂草堂(時習館)開塾
1849年(嘉永2)33歳 坂井虎山、篠崎小竹、斉藤拙堂、野田笛浦らの詩文をまとめて『今世名家文鈔』八巻を編纂
1852年(嘉永5)36歳 妙円寺の住職となり、梅野と結婚。秋良敦之助に伴われ村田清風の別邸を訪ねる
1853年(嘉永6)37歳 年末から春にかけ、最初の建白で海防論を述べた『内海杞憂』を執筆
1854年(嘉永7・安政元)38歳 藩政に対する改革意見を述べた『封事草稿』(『藩政改革意見封事』)を起稿し、翌年初め、秋良敦之助の添削を経て上疏する
1855年(安政2)39歳 この頃より吉田松陰と書を交わすようになる
1856年(安政3)40歳 長女簾子誕生。京都本願寺の広如法主に招かれ、翠紅館で『護法意見封事』(のちに『護国論』『仏法護国論』)執筆し、10月に呈する
1857年(安政4)41歳 母尾上が死去
1858年(安政5)42歳 松陰、月性の講演に塾生を拝聴させる。萩に行く途中、発病し遠崎に戻り、5月10日没する。(安政の大獄が起きる4か月前)

月性の業績

嘉永2年夏、「今世名家文鈔」八巻を編纂し出版した。これは篠崎小竹、斎藤拙堂、坂井虎山、野田笛浦の文集で関西におけるもっとも優れた儒者四人を選んだもので、当時の文人知名士の間に非常に歓迎されベストセラーとなった。

藩政改革意見書とも言われ、内外多難の時局に処する藩侯への献策を述べた安政元年12月「意見封事」では、藩侯の反省を促すため、激越な語句をもって、その公私生活を論難し、長州藩こそ率先して討幕の主唱者たれと建言している。

「内海妃憂」は、海防の要いよいよ急となったとき、その具体的対応策を諭したもので、のちに本願寺から全国末寺に配布された「護国論」の実践綱領とも言うべきものである。海防五策をたてて外夷に備うべきを説き、特に士農工商を問わず志のある者を以て、新しい兵制を確立すべきを唱えた。これがやがて、安政五年に高杉晋作が書いた「強兵の本」や、文久三年幕長戦に編成した奇兵隊の基となった。

月性は、優れた詩人として、多くの傑作を遺し、その作詩は千篇を越すと言われる。その著「清狂吟稿」は、今萩の松陰神社に所蔵、三巻二冊より成り第一巻は月性の自筆、男児立志の詩はこの第一巻中にある。この吟稿は安政2年正月、吉田松陰の兄、梅太郎を通して月性が松陰におくったもので、松陰は月性の護国論と吟稿は松下村塾において、これを出版して天下の同士に寄示するよう「留魂録」に書き遺したが果たされなかった。明治2年に村塾で松陰評の三十首を載せた「清狂詩秒」という小冊子が出たに過ぎなかった。明治25年1月、門下の大洲鉄然・天地哲雄が共編で「清狂遺稿」を梓行している。

このように文に詩に多くの業績を遺したが、月性の真面目は、尊皇攘夷の徹底した持論を、特異の弁舌を以って大衆に向かって宣揚したその実践活動にある。当時の封建社会において、これができるのは独り僧侶のみであった。僧侶は仏の道を説く者として、殆んど権力の外におかれた。勿論安心立命の道も説いたであろうが、それ以上に時局を論じ特に海防の急を説いた。当時長州藩の重臣村田清風、藩老の益田弾正、福原越後、浦靭負などは月性の海防護国の主張に共鳴して、しばしば自分の領内に講説せしめた。後には藩命により防長二州の全域にわたった。萩清光寺の講演の折には松陰は村塾の授業を休んで塾生を聴講させている。その論旨は時には幕政の非議に及び、しばしば幕吏に狙われた事もあった。このことは、安政3年6月、松陰の月性宛書簡中に「上人虎口を免れたりとて世上大評判なり云々」とあるによってもわかる。また婦女子に対しては服装の華美を戒め、外夷を一歩も神州の地に近づけないため武芸をたしなむことを諭した。後に四国連合艦隊が馬関に来襲したとき、萩の婦人が女台場を築いて長州婦人の意気を示したことも決して偶然ではなかった。月性の講演の反響としての逸話は各地に伝え遺されている。要するに我が国社会組織の中に厳として打破ることの出来ない士農工商と言う階級意識を対外危機感をかためることによって、大きく変えてゆく契機を造ったことは、やがて四境の戦から戊辰の役まで藩をあげて一丸となって進んだ長州藩の原動力としての役割を果たしたものと言えよう。

スペシャルスポンサーリンク 
Top